50代女性 会社員 世田谷区在住「片頭痛でお悩みだった方」症例

頭痛 イラスト

患者

山本様 50代女性 会社員 世田谷区在住

来院日

平成29年1月上旬

症状と問診

20年前から片頭痛に悩まされてきている。

特に天気の悪い前日は頭痛が強くなり吐き気・嘔吐をしてしまうほど。

病院で検査を受けるものの痛み止めを処方されるだけで一向に改善せず仕事にも支障が出てしまっているためインターネットで「たなか鍼灸院」を見つけ電話で予約して来院された。

既往歴

・肩こり

・胸郭出口症候群

治療経過と施術内容

初診時、首肩の硬直が強く頭痛が出てしまうためまずは首肩の筋肉を緩め内臓の調整など全体的に施術を行う。

はじめに、仰向けでお腹、横向きで背中に「刺さない鍼」で施術し内臓の活動を高め全身の血流改善を行った。

横臥位で当院オリジナルの「T&S療法」により首肩の筋肉と骨格を整え血流改善の調整を行った。

再度仰向けになり内臓の負担を取り除くために「リンパ調整法」を行った。

1週間後に2回目の施術を行うために来院。

2回目の施術は同様に行い、特に「リンパ調整」を強めに行った。

週に1回の施術を繰り返し5ヵ月後には首肩の固さがなくなり、頭痛はなくなった。

考察

偏頭痛の下人は低気圧の影響ではありません。

実際は胃腸などの内臓の負担や機能低下によるもので、体の負担を避けるための防御反応が血液や神経の圧迫や循環を悪くさせ片頭痛として発症させている。

今回の症例も同様で内臓の負担の影響から発生する片頭痛であった。

 

片頭痛・偏頭痛について詳しくはこちら

片頭痛・偏頭痛

この記事に関する関連記事