30代女性 会社員 品川区在住「ストレートネックによる腕の痺れでお悩みだった方」症例

ストレートネック イラスト

患者

美鈴様 30代女性 会社員 品川区在住

来院日

平成29年8月上旬

症状と問診

5年前から肩こりに悩まされるようになり病院で診てもらったところ「ストレートネック」と診断された。

それから整骨院で電気治療とマッサージをしてもらってきたがその場しのぎで改善が見られなかった。

ここ数か月は腕に痺れのような症状まで出始めたため治してくれる治療院を探そうとインターネットでストレートネックの口コミがあった「たなか鍼灸院」にLINEで予約して来院された。

既往歴

・冷え性

・便秘

・過敏性腸症候群

・頭痛

治療経過と施術内容

初診時、首から肩にかけて筋肉の硬結が強く圧痛もある。

首の回旋運動や天井を向く動作に痛みが出現し腕に痺れが増強し現れる。

はじめに、仰向けでお腹、横向きで背中に「刺さない鍼」で施術し内臓の活動を高め全身の血流改善を行った。

再度仰向けになり当院オリジナルの「T&S療法」により首肩の筋肉と骨格の調整を行い血流改善を行った。

週に2回の治療をおこない、3ヵ月後には痛みと痺れがともに消えた。

考察

ストレートネックは首肩の痛みや重さだけではなく、首肩の筋肉の硬結によって腕に痺れや倦怠感を引き起こす症状でもあります。

それは内臓の負担によるものが大多数です。

特に痺れが起きると腕の筋力低下も主す可能性があるため症状の改善に時間がかかってしまいますが、今回は早めに受診していただけ治療も間隔をあけずに来院されたことが早期に症状の改善ができたケースでした。