20代女性 品川区在住「生理痛でお悩みだった方」症例

患者

大谷様 20代女性 品川区在住

来院日

平成29年5月上旬

症状と問診

社会人になってから生理痛で悩んでいる。

下腹部痛と腰の痛み、体の倦怠感を強く感じており仕事を休まないといけないことも多くなっている。

痛み止めを飲んでいるが効き目がその時によって違うため、会社にも迷惑かけていて申し訳ないと落ち込んでいる。

お腹の張りもあり、押すと痛みと不快感が出ている。

体の冷えが強く末端の指先が特に冷たい。

既往歴

・冷え性

治療経過と施術内容

初診時、子宮と内臓の調整をすることをメインに免疫力と自然治癒力を高め、生理痛の原因であるホルモンバランスの調整も同時に行うように施術を行った。

はじめに、仰向けでお腹、横向きで背中に「刺さない鍼」で施術し内臓の活動を高め全身の血流改善を行った。

横臥位で当院オリジナルの「T&S療法」により背中腰の筋肉と骨格を整え血流改善の調整と子宮の機能向上を行った。

1週間後に2回目の施術を行うために来院。

週に1回~2回の施術を繰り返し、運動と自宅でのケア方法を伝え10ヵ月後には生理痛の痛みは出なくなった。

考察

生理痛を抱える患者さんの多くは体の冷えがあることが非常に多いです。

自覚症状で分かっている方はまだいいのですが、自覚がなく冷たい物や食事を摂取してしまっていることも多く食事や飲み物で身体を冷やさないように伝えることも生理痛の症状の改善、緩和には非常に大切なことです。

 

冷え性について詳しくはこちら

冷え性

この記事に関する関連記事

たなか鍼灸院

〒140-0013東京都品川区南大井3-35-7フェニックス大森802号室