50代男性 自営業 品川区在住「ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)でお悩みだった方」症例

ゴルフ肘 男性 イラスト

患者

太田様 50代男性 自営業 品川区在住

来院日

平成29年8月上旬

症状と問診

4年前にゴルフ肘と診断を受けてから鍼灸院や整骨院を転々としてきた。

電気針、電気治療、マッサージ、薬を試してきても全く効果がなく今はゴルフ自体できない状態まで症状が悪化している。

仕事の付き合いでゴルフに行くこともあったため現在遠ざかってしまったため何とかしたいと思いインターネットで「たなか鍼灸院」を見つけ電話で予約して来院された。

既往歴

・坐骨神経痛

・腰痛

治療経過と施術内容

初診時、首肩上肢の張りが強く坐骨神経痛もあって全身の固さと圧痛が顕著。

筋肉関節の固さがあり可動域が狭い。筋肉の柔軟性がない状態。炎症を繰り返したため筋肉などの癒着があると判断できる。

消化器系の負担があると関節や靭帯、筋肉の修復に時間がかかるため、内臓の調整をし、免疫力と自然治癒力を高めるように施術を行った。

はじめに、仰向けでお腹、横向きで背中に「刺さない鍼」で施術し内臓の活動を高め全身の血流改善を行った。

横臥位で当院オリジナルの「T&S療法」により肩腕の筋肉と骨格を整え血流改善の調整を行った。

再度仰向けになり内臓の負担を取り除くために「リンパ調整法」を行った。

1週間後に2回目の施術を行うために来院。

2回目の施術は同様に行い、特に「リンパ調整」を強めに行った。

週に1回の施術を繰り返し6ヵ月後には肘の痛みや違和感はなくなった。

考察

ゴルフ肘で奥の方が完治できない理由の一つは炎症が引く前にゴルフをしてしまったり、その後のケアを怠ったりすることが一番の原因として挙げられます。

その結果癒着を起こし可動域が狭くなり動かすとより摩擦が起き炎症が起きる。という負の連鎖が起きてしまいます。

まずはしっかりとケアをすることから始め、時間をかけて自然治癒力を高め癒着を取り除くことが重要な症状です。

ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)について詳しくはこちら

ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)

この記事に関する関連記事